パン屋さんのバイトは思っていたよりも大変でした

私は過去に、スーパーに併設されているパン屋さんでバイトをしていました。
時給は750円と少し安めだったのですが、近場で通いやすい距離にあったため、ここなら面倒くさがらずに通えそうだと思い、このパン屋さんを選びました。
商品の袋詰めやレジ打ち、商品の追加など、一通りの作業をこなさなくてはいけないため、始めのうちは結構大変でした。
特に、パンの値段を覚えるのに時間が掛かってしまい、値段の分からない商品をお客さんに持ってこられてしまうと、いちいち陳列棚に値段を確認しに行かなくてはいけず、お客さんをイライラさせてしまうことも多かったです。
特に夕方から夜にかけては、パンの値段が安くなることもあり、お客さんの数が激増してしまうため、本当に忙しくてミスを多発してしまうこともありました。
商品の値段をすっかり覚えてしまってからは、気持ちに余裕を持つことができるようになったため、ミスも少しずつ減らしていくことができましたし、お客さんがありがとうと微笑んでくれることを励みに、何とか長期間続けることができました。
休憩時間に新しいパンの試食をできることや、閉店後に余ったパンを食べさせてもらえることが、一番の楽しみでしたね。
思っていたよりも大変なお仕事でしたが、今ではいい経験を出来たと思っています。